MENU

鉄欠乏性貧血におすすめの食事

急に貧血になることが増えたり、身体の疲れやだるさが抜けないという方は、まず鉄欠乏性貧血かどうかチェックしてみてください。

 

鉄欠乏性貧血は文字通り鉄分が不足することで表れる貧血で、鉄分不足になった方は誰もがなる可能性があります。
定期的に鉄分を補給することで簡単に治すことが出来るので、鉄分を補給できるレシピなどを調べてみましょう。

 

鉄欠乏性貧血の原因

 

鉄欠乏性貧血の原因は、なんと言っても普段の栄養摂取の偏りにあります。
鉄分は特に摂取されないことが多い栄養素の一つで、普段意識しないでいると簡単に不足してしまいます。

 

さらに鉄分は体質によって多く排出されたり、吸収されないことも多いので、余計に鉄分不足に陥ることが多いといいます。
少しでも健康な身体を維持したいのであれば、毎日きちんと鉄分を補給しましょう。

 

鉄欠乏性貧血の症状

 

鉄欠乏性貧血になると、一般的に貧血になると表れるといわれる症状の大半が表れると思ってください。

 

しっかり眠ったはずなのに疲れが取れなかったり、身体がだるくて動きが鈍くなったりと、日常的に体調が悪い状態が続くようになり、立ちくらみが頻繁におき、長時間立っていると倒れてしまったりと、症状が悪化すると日常生活にまで支障が出てきます。

 

鉄分補給に役立つ食材

 

鉄欠乏性貧血を予防するためには、当然鉄分を補給しなければなりません。
鉄分を含んだ食材は色々あり、レバーや魚の赤身、ほうれん草にひじきなど、他にもたくさんの食材に含まれています。

 

また食材によって吸収率に優れたヘム鉄と、非ヘム鉄に分かれており、より効率よく鉄分を補給したいときや、レバーや魚の赤身に含まれているヘム鉄を積極的に摂取しましょう。

 

どんなレシピが良いか

 

鉄分を補給するには、調理の仕方も大切です。
食材によっては癖が強いものもあるので、美味しく食べられるようなレシピを知っておくことで、無理せず栄養補給が出来るようになります。

 

例えばレバーは鉄分が多い反面好みが分かれる味といわれているので、濃い味付けで食べやすくした甘辛煮などのレシピがオススメです。
作り方は簡単で、牛乳に漬けて臭いを取ったレバーを茹で、砂糖やみりん、酒、?油、生姜で作った煮汁で煮詰めるだけで出来上がりです。

 

 

鉄欠乏性貧血を予防するためには、毎日しっかり鉄分を補給する必要があります。
鉄分を含んだ食材はレバー以外にもたくさんあり、それぞれ違った調理法が存在するので、自分好みの料理で美味しく鉄分補給しましょう。